MENU

子供の習い事

子供と言えば習い事、習い事をしていない子供って…あまりいないですよね。

私自身も子供のころに、習字、水泳、そろばんを習っていました。

やはり、昭和の習い事は実用的ですね。

ピアノやバレエを習いたいなと思っていたのですが、あまり裕福ではなかったので、親に言えなかったのを覚えています。

そう、そこなのです。

やりたかった事がやれなかった。

親のその思いが子供に託される…。

悲劇の始まりか⁈喜劇の始まりか⁈

目次

息子の牛歩

私の思いから、娘にピアノとバレエを習わせました。

息子はピアノと野球です。

野球は父親の思いで、ピアノは私ですね。

問題はその習い事を子供自身が好きになるかどうかだと思います。

もし、好きでない場合に「やめる!」と言えるのか。

親に遠慮して無理して続けるのか。

息子のピアノに関しては、ちょっとエピソードがありまして…。

5歳くらいから習い始めて、3年くらいたったころのある日、ピアノの先生から「あの、まだ来ていないんですけど…」と電話がありました。

とっても近くなので寄り道するところもなく、でもとりあえず探しに出ようとしたら、先生からまた電話がありました。

先生が玄関から外をのぞくと、うちの息子がゆっくり、ゆーっくりと先生宅に向かって歩いていたそうです。

先生は、息子のその様子を見て、不憫に思ったようです。

「そこまで嫌なら一度やめてみては?やりたくなったらまた来れば良いし」と提案され、ピアノをやめさせました。

本人がやめたいと言えなかったパターンです。

娘の情熱

息子の野球の方は、小学1年から中学3年まで続けることができていました。

ですが、大好きという感じは親からは見えなかったです。

テレビで野球観戦をすることもなく、素振りを頑張るでもなく、練習と試合に行っているだけでしたが、息子なりにマイペースに頑張っていました。

息子とは反対に、娘のバレエへの情熱は右肩上がりに上がっていきました。

娘の情熱が上がるとともに、出費も増えていき、私が少し焦りを覚え始めたころ思春期に突入!

友達との遊びへ情熱がシフトしていき、娘は4歳から始めたバレエを高校2年のとき、さよならしました。

まとめ

いま、20歳を超えた子供たちは、そのころの習い事をどれも続けていません。

うちの娘は、もしかしたらバレリーナになるかも!

うちの息子は、もしかしたらプロ野球選手になるかも!

全ての親が、本気でそう考えて習わせているわけではないと思いますが、親って子供に期待をしてしまうのですよね…。

この歳になって、その頃を振り返ることがたまにあります。

習い事で、子供たちは何を得たのか、何を失ったのか。

経験からしか言えませんが、子供から「やりたい」と言うもの以外は、習わせなくても良いのかなと思います。

過ぎてから気づく…短い子供時代、もっと一緒に過ごせば良かったかな。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次